HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

昭和34年4月 代表者 野添一夫が大阪府東成区南中本町にて、包装資材を取り扱う野添産業を創立。
昭和40年6月 野添産業を株式会社として、組織変更を行う。
昭和40年6月 本社及び倉庫、並びに配送センター東大阪市楠根3丁目5番14号にて新築。
昭和42年4月 段ボール製造工場を、東大阪市楠根3丁目5番14号に施設及び本社移転。
昭和53年3月 段ボールケース、製亟部門新鋭一貫ラインを導入。
昭和62年4月 美装ケース紙器事業部を開設。
平成12年6月 海外事業部新設。
中国、その他海外より生活雑貨及び包装資材の輸入を重点に取り扱う。
平成14年4月 中国張家港に弊社直轄の縫製工場設置。
平成16年12月 包装フィルム事業部新設
平成18年9月 ・資源リサイクル事業新設。
・使用済ストレッチフィルムの回収及び原料再生成型機導入。
平成19年3月 東海営業所新設。
平成21年11月 奈良工場新設。
平成22年7月 名古屋営業所を新設。
平成23年8月 九州営業所及び物流センター新設。
平成23年9月 名古屋工場/名古屋物流センター新設。
平成25年9月 神奈川営業所/神奈川物流センター新設。
平成25年10月 福岡営業所/福岡物流センター新設。
平成27年9月 埼玉営業所/埼玉工場/埼玉物流センター新設。
平成28年1月 本社、奈良工場/奈良物流センターにて ISO9001:2015・ISO14001:2015認証取得。
平成29年6月 鹿児島営業所新設。
平成30年7月 奈良工場 増設。